名取店 店長

大森弘樹

入社5年目

自分が売買した不動産のその先に
お客様の生活が続いている魅力的な仕事です。

CHAPTER 01

仕事仲間であり、友達のような
心強い存在がいる職場です。

不動産の購入は人生の中でも大きな買い物です。間違った提案をすればお客さまの人生を左右してしまうことになり兼ねないため、常に責任感を持って仕事に向き合っています。
一方、職場環境は社員同士が非常に仲がいいので、毎日の仕事が楽しいです。休みの日は、一緒にフットサルやスノボに行って友達のように接することができますし、仕事となれば相談もできるので、とても心強い仲間がいる職場です。

CHAPTER 02

失敗を積み重ねてきたからこそ
恐れず前に進む自信が持てた。

『アドレス』で働く前は、人と話すことが苦手でした。「間違ったことを言ったらどうしよう」という失敗が怖かったんです。プライドが高かったんです。でも、入社して、たくさんの失敗を経験し、プライドはなくなりました。上司や先輩にたくさんのフォローをしてもらい、失敗を重ねられたからこそ、恐れずに前に進む自信を持てたのだと思います。今は人と話すことが好きですし、入社して自分自身が変わった大きな部分だと思います。

CHAPTER 03

会社のビジョンを共有して、
一緒に目指せる存在になりたい。

不動産の仕事は、自分が売買した家や土地が、道を通ると見えてくる仕事です。売買したその先に、お客さまの生活が続いていくのだと感じれることが自分にとってのやりがいであり、この仕事の魅力だと思います。また、私自身の目標は、今後も生涯アドレスで働いていくことです。会社のビジョンを共有して、一緒にそれを目指せる立場になり、会社の成長に少しでも役に立つ存在になりたいと思っています。

TOP
TOP