不動産の表示は?地番は?

不動産の表示とは、不動産の場所やどのような不動産なのかを表したものです。 不動産は、土地と建物に分かれていて、土地の表示方法と、 建物の表示方法は異なります。見て確認してみましょう!

 

重要事項脱明書の土地の表示欄(取引の目的となる土地)に記載されているのは次の項目です。

土地の表示

所在   : ○○市○○町○丁目

地番   : ○○○番○○

地目   : 宅地

地積   : ○○○m2

権利の種類: 所有権

※重要事項説明書の土地の表示に記載されている項

 

所在とは

「所在」とはその不動産のある地域、工リアのことです。 通常○○市○○町○丁目というように○○番○という地番の前までの部分が所在欄に記載されます。この「所在」で、おおよその場所在示します。

 

地番とは

「地番」とは土地に付いている番号のことです。この地番はその地域(所在)の土地1つにつき1つの番号が付いています。同じ番号はありません。この地番によって、土地の位置が特定されます。この地番と「住所(住居表示)」とは必ずしも一致しません。

 

住所は正式には住居表示といい、人が居る建物に付けられているものです。土地の上に必ず建物が建っているとは限らないので、土地は土地として独自に番号を付けているのです。行政によっては一致していたりし ます。

 

住所と地番の違いイメージ図

図を見るように、住所(住居表示)と地番は必ずしも同じではありません。土地の地番はその不動産が所在する地域を管轄している法務局(登記所)あるいはその出張所で調べることができます。法務局にある「公図」 とよばれる土地の地図と住宅地図を照らし合わせて、 対象となる(購入する予定の)土地の番号を聞べることができます。

 

公図(土地の地図)と住宅地図の照合イメージ

このように土地は地番によって特定することができます。 番号に遣いがないか確認しておくといいでしょう。

イエステーションいわきの関連サイト

ページ上部へ戻る