宮澤 謙人
出身福島県
趣味・特技空手
好きな言葉「一心不乱」
コメント長いこと賃貸を担当しておりましたが、満を持して売買への異動となりました。
おかげさまで、2017年秋イエステーションセールスコンテスト新人部門において、第1位を受賞することができました!
ありがとうございます。これからも無我夢中に頑張ります!

記憶に残る営業マンを目指して

 私が不動産会社の営業職に就いた理由は「お客様の記憶に残るような仕事をしたい」との思いがあったからです。不動産という大きなお取引に関わらせていただくことで、より深くお客様と接したいと考えたのです。

 不動産の仲介・買取をする上では「売主様や買主様に損をさせないこと」を一番に心掛けております。例えば、売却はご依頼をいただいてから色々とお話を伺っていきますが「売るよりも貸す方が良いのではないか」と、判断できる場合が一定数ございます。老朽化などで建物を取り壊すしかないと諦めていらっしゃる方でも、そうではなく、貸すという選択膜が残っている場合があるのです。

 当然、ご意向は大切ですが、お客様にとってプラスにならないと感じた際は、その売却を考え直していただくようなご提案をすることもございます。購入も同様で、住宅ローンを何とか組めたとしても、その後の生活に支障が出るだろうと判断したときは無理に進めないこともございます。

 お客様が後で後悔されるご提案をしようものなら、マイナスのイメージしか残りません。そうではなく、振返ったときに「相談して良かった」「この選択をして良かった」と感じていただきたく、満足をお届けできる営業担当でありたいと思っております。

地域の特色を見極め、お客様に寄り添い続ける

 これまで、新店舗の立ち上げを含めて4店舗の店長を経験してきました。その中で私が感じているのは、地域毎にある特色です。地理的に近くても、売買の傾向は大きく異なるため「購入者様が何を求めているのか」「どのような住宅が人気なのか」というマーケット情報を収集しておく必要があります。また、不動産会社は複数存在しますので、他社の優れている点にも着目して取り入れるなど、強みを増やす努力を重ねています。

 お客様に寄り添い続けることも大切です。例えば、売主様から最初にご提示いただいた金額や条件で、仲介が進まない場合がございます。そのようなときは「金額面がネックになっているようです」「道が狭いのを理由に断念された」など、買いたい方からの声をしっかりお伝えする用にしております。

 日が経つことで、売主様の状況が変わっているかもしれないですし、心変わりもあるかもしれません。実際「売却ではなく、買い取りにしてほしい」と、変更いただく場合もございました。最初にお伺いしたからと、そこで止まるのではなく、情報をお伝えしながら、状況に合わせてご提案し続けるよう心掛けております。

お客様へのメッセージ

 これまで、知識習得や情報収集も全力で努めて参りましたので「お客様からのご質問には確実にお答えできる」という自負がございます。今後も”お客様のためのご提案”を第一に考え、誠心誠意取り組んで参ります。どうぞお気軽にお問い合わせください。