ブログ

  1. 仲介手数料が無料の媒介業者は信用できる?

    不動産売却に関する情報をインターネットで調べていると、「仲介料無料」というキャッチコピーを目にすることが多くなりました。不動産仲介は仲介手数料が唯一の収入です。収入源をゼロにするというサービスはビジネスとして成り立つものなのでしょうか? 仲介料無料は売主としても無関心ではいられないことです。

    続きを読む
  2. 不動産売却で必要な費用内訳と支払時期

    不動産を売却するとき売主が負担しなければならない費用があります。売却代金から払うことができる費用と、事前に費用を準備しなければならない場合もあり、売却スタート時点で資金計画を立てておかなくてはなりません。ここでは契約時または引渡し前に必要な費用と、引渡し以降に必要な費用に区分して解説します。

    続きを読む
  3. 不動産売買契約で売買代金以外に授受される金額とは

    不動産を売買し引渡しをおこなうには、売買代金以外にも売主・買主との間で清算をし、売主から買主へ引き継ぐお金があります。また売買契約時にはほとんどの場合、手付金が授受されますが手付は売買代金の一部ではありません。

    続きを読む
  4. 契約解除の種類と違約金 売主が知っておきたい注意点

    契約解除の種類・違約金 売主が知っておきたい注意点 契約には解除権があり、どのような契約においても解除に関する取決めを契約書において定めておきます。不動産売買契約は取引金額が大きなものであり、契約解除に係る違約金なども大きなものとなります。

    続きを読む
  5. 売買契約時に受け取る手付金の意味と目的

    契約時に買主が支払う手付金には3つの意味があり、売主は受取るお金の性格を正しく理解しておく必要があります。また売買契約はキャンセルされることもあり、その場合手付の意味によって契約解除の方法が変わってくるのです。ここでは手付金に関する契約上の注意点について解説します。

    続きを読む
  6. 不動産会社を変更する手順と注意点

    媒介契約の締結後、不動産会社は販売活動に着手します。契約期間は3ヶ月とすることが多く、売主にとっては早く朗報を聞きたい思いが強くなりますが、予想に反しうまくいかないこともあります。ときには感情的になってしまい「契約解除」という考え方がでてくることもあります。

    続きを読む
  7. 不動産媒介契約の種類と売却戦略にもとづいた選択方法と注意点

    不動産会社に売却を依頼するには媒介契約の締結が必要です。媒介契約は種類により特徴や決まりごとがあり、売主の希望や売りたいタイミングなど、依頼する不動産会社の対応力も考慮しなければなりません。

    続きを読む
  8. 不動産売却を依頼する仲介会社の選び方

    不動産会社から査定書が提出されると、いよいよ売却を依頼する不動産会社の決定時期になります。複数の会社に査定を依頼するのが普通ですから、査定書の説明を受けた会社も多いはずです。1社だけに任せるかあるいは数社に依頼するか、売却戦略とも関係のあることですが、信頼できる会社を選ぶことが大切です。

    続きを読む
  9. 不動産一括査定サイトの活用法と注意点

    不動産査定をひとつのサイトで依頼すると、複数の不動産会社から査定をもらえる「不動産一括査定」。以前からおこなわれている通常の査定方法と、なにが違うのか? なにかメリットがあるのかなど、不動産査定の依頼を予定している方向けに、活用方法と注意点を解説します。

    続きを読む
  10. 不動産を高く売るために知っておきたい5つのポイントと具体的方法

    できるだけ高く、できるだけ早く売りたい! と売主なら誰でも思うことですが、必勝法のようなものはありません。高く売れる条件を満たしていることと、必要と考えることをやりつづけることです。

    続きを読む

イエステーションの関連サイト

ページ上部へ戻る