ブログ

  1. 売買契約時に受け取る手付金の意味と目的

    契約時に買主が支払う手付金には3つの意味があり、売主は受取るお金の性格を正しく理解しておく必要があります。また売買契約はキャンセルされることもあり、その場合手付の意味によって契約解除の方法が変わってくるのです。ここでは手付金に関する契約上の注意点について解説します。

    続きを読む
  2. 不動産会社を変更する手順と注意点

    媒介契約の締結後、不動産会社は販売活動に着手します。契約期間は3ヶ月とすることが多く、売主にとっては早く朗報を聞きたい思いが強くなりますが、予想に反しうまくいかないこともあります。ときには感情的になってしまい「契約解除」という考え方がでてくることもあります。

    続きを読む
  3. 不動産媒介契約の種類と売却戦略にもとづいた選択方法と注意点

    不動産会社に売却を依頼するには媒介契約の締結が必要です。媒介契約は種類により特徴や決まりごとがあり、売主の希望や売りたいタイミングなど、依頼する不動産会社の対応力も考慮しなければなりません。

    続きを読む
  4. 不動産売却を依頼する仲介会社の選び方

    不動産会社から査定書が提出されると、いよいよ売却を依頼する不動産会社の決定時期になります。複数の会社に査定を依頼するのが普通ですから、査定書の説明を受けた会社も多いはずです。1社だけに任せるかあるいは数社に依頼するか、売却戦略とも関係のあることですが、信頼できる会社を選ぶことが大切です。

    続きを読む
  5. 不動産一括査定サイトの活用法と注意点

    不動産査定をひとつのサイトで依頼すると、複数の不動産会社から査定をもらえる「不動産一括査定」。以前からおこなわれている通常の査定方法と、なにが違うのか? なにかメリットがあるのかなど、不動産査定の依頼を予定している方向けに、活用方法と注意点を解説します。

    続きを読む
  6. 不動産を高く売るために知っておきたい5つのポイントと具体的方法

    できるだけ高く、できるだけ早く売りたい! と売主なら誰でも思うことですが、必勝法のようなものはありません。高く売れる条件を満たしていることと、必要と考えることをやりつづけることです。

    続きを読む
  7. 不動産査定の方法や不動産会社の選び方と査定アプリの使いかた

    不動産を売却する手順のスタートは「不動産査定」からです。いくらで売れそうか、いくらで売り出すかを決めるため査定は欠かせません。また査定にはもうひとつ目的があって、仲介を依頼する不動産会社を選択するためにも大切なプロセスです。

    続きを読む
  8. オークションサイトで不動産を売るには

    不動産をオークションで売る! 以前は考えられなかった方法ですが、現代では可能になっています。仲介よりも高く売ることができると言われていますが、不動産の売却は不動産会社に依頼するのが常道です。

    続きを読む
  9. オープンハウスの演出方法~ホームステージングとは?

    媒介契約が締結され不動産会社は売却活動を開始します。早い段階で担当者からは「オープンハウス」をおこないたいとのプランがでてきます。購入者は必ず物件の内覧を経て決断に至るので、内覧希望者が現れるのを待つよりも、積極的に募集をかけるオープンハウスは “攻め” の営業スタイルといえるのです。

    続きを読む
  10. ホームインスペクション(住宅診断)の目的と効果

    ホームインスペクションは中古住宅の構造耐力上主要な部分や雨漏りなど、重要な不具合の有無や劣化具合を建築士が点検し、買主が購入するさいの判断材料を提供することが目的です。ホームインスペクションは10年ほど前から、一部の建築士事務所などがおこなっていたサービスです。

    続きを読む

イエステーションの関連サイト

ページ上部へ戻る