不動産売却時の本人確認方法

不動産売却時の本人確認方法

  • 1. 本人確認の方法

    不動産の売却に際して、本人確認を実施します。

    ()売主が個人の場合

    次の本人確認書類の原本のいずれかの提示により、住所・氏名・生年月日の確認を行なう。

    ・運転免許証・旅券(パスポート)・住民基本台帳カード・各種健康保険証

    ・印鑑証明書・外国人登録書・乗員手帳

    ・各種福祉手帳・医療受給者証・母子健康手帳・身体障害者手帳

    ・官公庁から発行、発給された書類

    ※本人確認書類は、住所・氏名・生年月日が記載されたものに限る。

    ()法人の場合

    法人およびご担当者双方の本人確認が必要になります。

    (法人の本人確認)

    次の書類のいずれかの提示または送付により確認する。

    ・登記事項証明書・印鑑証明書・官公庁から発行、発給された書類

    (担当者の本人確認)

    上記()の書類をもって住所・氏名・生年月日の確認、および名刺で法人における役職あるいは所属部署の確認をします。

    ()代理人による契約の場合

    代理人にて契約する場合は、上記()の書類をもって契約者と代理人双方の本人確認をします。

イエステーションいわきの関連サイト

ページ上部へ戻る