住宅ローンガイド

借入額が大きく、他のローンに比べて返済期間が長い住宅ローン。 住宅ローンには「民間ローン」「公的ローン」があり、金利タイプや借入額、返済方法などにより様々な商品があります。 それぞれの特徴を知り、ライフプランも考慮しながらぴったりの住宅ローンを選びましょう。

住宅ローンの流れ

STEP1

STEP1

総費用を把握しましょう。

STEP2

STEP2

アドレスのスタッフがアドバイスいたします。

STEP3

STEP3

公的ローン、民間ローンで借入金利適用時期が違います。

STEP1住宅購入にかかる総費用を把握しよう!

住宅ローンを組む場合、住宅そのものの購入価格の他に、以下のような諸費用も必要となります。

住宅ローン契約時
印紙税

支払先:税務署

購入額に応じて算出。
(例/500~1,000万円以下の場合1万円、1,000万円超~5,000万円以下の場合2万円)

資金受け取り時
事務手数料

支払先:借入先金融機関または保証会社

定額手数料:3万円~5万円
定額手数料:借入額の2%程度
※借入先により異なります。

保証料

支払先:保証会社

借入額2,000万円で45万円程度
※保証会社によって異なります。

火災保険・地震保険料

支払先:損害保険会社

住宅ローンは、一般的に火災保険の加入が義務づけられている。
※地震・噴火津波を原因とする火災等の損害補償には、地震保険への加入が必要。

登記申請時
抵当権設定登記費用

支払先:法務局

税額は借入額の0.4%
(一定の要件に該当する住宅については0.1%)

抵当権設定登記料

支払先:法務局

法務局への登記申請を司法書士に依頼するときに支払う報酬

検査時
物件検査手数料

支払先:検査機関

金額は検査機関によって様々だが、目安として新築住宅で2~3万円、中古住宅で4~6万円程度。

ローン返済時
団体信用生命保険料

支払先:生命保険会社または借入先金融機関

ローン返済中に万が一のことがあった場合にローンが完済される保険。
一般的には加入が義務づけられており、保険料は金利に含む場合や金利とは別に保証料を支払う場合がある。

POINT
  1. 一般的に諸費用は購入費用以外に約1割プラスされます。
  2. 自己資金は総費用の2~3割用意しよう。

STEP2住宅ローンを選ぼう

金利のタイプ

金利タイプには固定金利と変動金利があり、下記のような特徴があります。

全期間固定金利型
全期間固定金利型

借入後に金利が上昇しても、将来に渡り借入時の金利で返済額が確定。
借入時に返済期間全体の返済計画が確定。

メリット
借入後に金利が上昇しても、将来に渡り借入時の金利で返済額が確定。
借入時に返済期間全体の返済計画が確定。
デメリット
借入後に金利が低下しても、返済額が変わらない。
固定金利期間選択型
固定金利期間選択型

「当初3年間○%」など、一定期間に固定金利が適用されるタイプ。

メリット
借入後に金利が低下すると返済額が減少。
固定金利期間中は返済額を確定できる。
金利優遇商品が多い。
デメリット
借入時には固定金利終了期間後の返済額が未定。
変動金利型
変動金利型

金融情勢の変化に伴い、返済の途中でも定期的に金利が変動するタイプ。

メリット
借入後に金利が低下すると返済額が減少。
デメリット
借入時には将来の返済額が未定。
借入後に金利が急上昇した場合、未収利息が発生する可能性あり。
どんなタイプがおすすめ?
  • こどもがいて教育費がかさむ場合は 返済計画が立てやすい 全期間固定金利型がオススメ。
  • 定年まで10年など、短期間で完済したい場合は固定金利期間選択型、または変動金利型がオススメ。
優遇金利を利用してかしこく返済

金融機関によって定められた条件を満たすことで、店頭金利から一定の割合を引き下げる「優遇金利」。
上手に活用すれば、返済額を少なくすることができます。

あなたにあった借入額を実際に計算してみましょう
1.無理なく返せる月々の返済額はいくら?

2.無理なく返せる住宅ローン借入額(30 年返済の場合)は?
借入可能額早見表
2.5% 3.0% 3.5% 4.0%
5万 1,265 1,185 1,113 1,047
6万 1,518 1,423 1,336 1,256
7万 1,771 1,660 1,558 1,466
8万 2,024 1,897 1,781 1,675
9万 2,277 2,134 2,004 1,865
10万 2,530 2,371 2,226 2,094
POINT
  1. ライフプランに合った金利を選択 教育費、収入の変化、金利上昇による返済金額の増加などを見据えて金利タイプを選びましょう。
  2. 総支払額での比較・検討をしよう 金利だけでなく、事務手数料や保証料なども含めた総支払額でも考えてみましょう。
  3. 定年までに完済できるように設定 収入の維持が難しくなるため、退職金にはなるべく頼らないようにしましょう。
  4. 借入後の利便性を確認 繰上返済や返済条件の変更ができるかどうか確認しましょう。その際に、繰上返済なら時期や方法、返済額、手数料、金利タイプなら期間の延長や見直しができるかも確認しましょう。
  5. 2つ以上の住宅ローンを検討しよう。

STEP3返済方法を決めよう

返済方法

返済方法には、元金均等返済と元利均等返済があります。

元金均等返済

毎月一定の元金と残元金から計算した利息を合計した金額を支払う返済方法

メリット
返済額(元金+ 利息)は、返済が進むにつれて少なくなる。
デメリット
返済開始当初の返済額が最も多く、当初の負担率が高いので、元利均等返済に比べて借入可能額は少なくなる場合がある。
元利均等返済

毎月の返済額(元金+ 利息)が返済期間を通じて一定額となる返済方法。

メリット
返済額(元利+ 利息)が一定のため、返済計画が立てやすい。
デメリット
同じ返済期間の場合、元金均等返済よりもローンの返済総額が多い。また元金(ローン残高)の減りが遅い。

※民間金融機関の住宅ローンでは、「元金均等返済」を取り扱っていない場合が多いようです。

見落とし注意!未払利息

一般的な変動金利型ローンの場合には、金利が上昇すると毎月の返済額の利息部分の内訳が大きくなります。 さらに利息が毎月の返済額を超えてしまうと、毎月の返済額では支払いきれない利息が発生します。 その超えた部分の利息を「未払利息」といいます。

万が一返済に困ったら

しっかり返済計画を立てたつもりでも、長期にわたる返済期間中、何が起こるか分かりません。 返済が滞ると、最悪の場合は住まいを手放さなければならない可能性もあります。 返済が苦しくなったら、まずは借入している金融機関に相談しましょう。

収入が減って、返済が苦しくなった
  • 対策1返済期間を長くして、毎月の返済額を減らす。
  • 対策2一部ボーナス返済に回し、毎月の返済額を減らす。
返済が何ヶ月か遅れている
  • 対策1遅れている返済を分割して、今後の返済額に上乗せする。
しばらくの間、返済額を減らしたい
  • 対策1一定の期間内は返済額を減らし、一定期間終了後は減らす前よりも多めに返済する。
ボーナス返済が苦しくなった
  • 対策1ボーナス時の返済額を減らして、毎月の返済に回す。
    ※毎月の返済額は増えます。
  • 対策2ボーナスの返済を止めて、毎月の返済額のみとする。
    ※毎月の返済額は増えます。
無料会員登録はこちら
LINE@で最新情報をお届けします!
無料査定依頼 物件に関するお問い合わせ

お電話での受付時間 9:00~18:30(第2・第3火曜日、毎週水曜日)

いわき平店

0120-350-524

いわき中央店

0120-297-011

いわき泉店

0120-845-434

新卒採用

登録物件情報

一般公開物件

284

非公開物件

289

会員限定の公開物件! 無料会員登録する

ログインはこちら

ログイン

楽天No.1

LINE@

友だち追加数

  • ワンプライスマンションリノベ√S
  • 新着情報
  • OPENハウスのご案内
  • お客様の声
  • 購入の流れ
  • 住宅ローンガイド
  • 購入に必要な資金は?
  • よくあるご質問
  • お知らせ
  • スタッフ紹介
  • スタッフコラム
  • 会社案内
  • 不動産用語集
  • いわきタウン情報
お問い合わせ

平店

店舗と地図を見る

中央店

店舗と地図を見る

泉店

店舗と地図を見る
新卒採用 売りタイ 売りタイ 買いタイ イエステーション
ページTOPへ