免震工法

建築物の上部構造と絶縁させた基礎部分(免震層)に、積層ゴムなどの免震装置を設置し、建物に入る地震力や振動を少なくし、かつ直接建物に伝わらないようにする構造のことです。
建築物自体だけではなく、設備機器・給排水管・ガラスなどの転倒・破損を軽減・防止します。

ページ上部へ戻る