長押

柱の側面や鴨居の上部などに取り付ける化粧材のことです。
壁を装飾するための水平材で、断面は台形である。本来は、軸組を引き締める効果もあったとされています。取り付ける位置によっては天井長押、内法長押などと呼びます。

ページ上部へ戻る