固定資産税

毎年1月1日現在において、土地・家屋等を所有している者に対し、市町村が課税する地方税のことです。

不動産の所在地の市町村が課税の主体となるので、実際の徴収事務は市町村の税務担当部署が行ないます。固定資産税の納付方法については、年度初めに 市町村から土地・家屋の所有者に対して、固定資産税の「納税通知書」が送付されてくるので、それに従って年度内に通常4回に分割して納付することとされて います。

ページ上部へ戻る