建築基準法

建築物の構造等に関する最低の基準を定める法律です。

主に次のような内容から構成されていいます。 1)建築の手続(建築確認、中間検査、工事完了検査など) 2)建築物の敷地、構造および建築設備の基準 3)都市計画区域等における建築物の敷地、構造及び建築設備の基準。

ページ上部へ戻る