杭基礎

直接基礎では十分に建物を支持できない場合に用いられる基礎のことをいいます。

コンクリート製などの杭を打設して硬い地盤まで到達させ、その杭の上に建物の土台を築くものです。また固い地盤がない場合には、杭自体の摩擦力で、建物全体の荷重を支える方法が取られます。

ページ上部へ戻る