遺贈

遺言によって財産を無償で譲り渡すこと。

被相続人が死亡した時点で成立する。財産を受ける人を「受遺者」という。遺贈の内容は、ほかの相続人の遺留分をおかさない限りは尊重される。遺贈の 方法には「遺産の半分を与える」のように相続分を指定する「包括遺贈」と、「○○の土地を与える」のように特定の財産を指定する「特定遺贈」がある。また 「○○の面倒を見る」など特定の義務を付けた「負担付遺贈」という方法もある。

ページ上部へ戻る