アトリウム

古代ローマの住宅建築における天窓のある広間、または、初期キリスト教会の前面に設けられた回廊で囲まれた中庭のこと(atrium)。

後者を「パラダイス」ともいう。現代建築では、ガラス屋根などで自然の採光をとりこんだ広場状の空間や、屋根のかかった公開空地のことを指し、「屋 根付きプラザ」や「内部公開空地」とも呼ぶ。全天候型のオープンスペースで、イベントを行ったり、にぎわいを演出するしかけになる。

ページ上部へ戻る