アンボンド工法

ラーメン構造のマンションでは、床スラブがたわんだり、振動しないように小梁を入れるのが一般的。

そのため直天井の場合は室内に小梁が露出する。この小梁を無くしたのがアンボンド工法。床スラブにPC鋼材を通して両側から引っ張ることで、あらか じめ圧縮力(プレストレス)を与えておき、床スラブのたわみを防ぐ。プレストレスト・コンクリートの工法の一種。小梁は出ないが盤振動が起きる可能性があ り、遮音性はやや落ちる。

ページ上部へ戻る