不動産仲介業ってどんな仕事?

一般に不動産を取り扱っている会社には「新築分譲会社」と「仲介会社」の2種類があります。分譲会社は自社所有の不動産を販売している会社ですが、私達仲介会社は自社の商品を売るのではなく、個人(法人)の売主様所有の不動産の「売りタイ」と買主様の「買いタイ」を結びつける事が仕事なんです。つまり我々の商品は不動産そのものではなく、売り買いに対するアドバイスが商品という事になります。

具体的には、物件の情報をお届けするのはもちろん、不動産のプロフェッショナルとして「物件の選び方」から、「ご見学の際の注意点」、「適切な資金計画の作成」等の購入に関わる様々なアドバイスなどをさせて頂いております。また、初めての購入でも安心してお取引できるするように、物件調査、契約書作成~契約業務、融資斡旋から確実な引渡し業務まで、スムーズに進むよう専門知識を活用してスムーズに取引が完了するようにする事も大事な仕事なんです。

ただ物件情報を紹介する事だけでなく、安心・安全な取引をする為に仲介業者ってあるんだよ。初めての購入、失敗しない為にも色んな事を知っておくといいですね!

イエステーションの関連サイト

ページ上部へ戻る