不可抗力による損害が発生した場合は?

「不可抗力による損害が発生した場合の売買契約の定め」はどうなっているのでしょうか。

売買契約上の『不可抗力』とは?

不動産の売買契約締結後、引渡しまでの聞に大地震が起きたり、隣の家の火災が原因で売買するはずの家が燃えてなくなったりしたらどうしたらよいのでしょうか。このように予期せぬ事態を「不可抗力」と呼びます。

 

売買契約書とは?

万が一の場合、不動産取引の慣習では、「引渡しまでの物件の管理責任は売主だろう」ということで、「危険負担を売主に負わせる」あるいは「互いに解除できる」などと契約書に記載しています。万が一のリスクまで買主に負わせることは買主の購入意欲を失わせ、不動産流通の活性化を阻害することにもなりかねないからです。仮に契約書に「危険負担を誰が負うのか」ということを明記していない場合は、民法の原則にしたがって買主が危険を負担して約束どおり売買代金を支払わなければいけなくなります。

イエステーションいわきの関連サイト

ページ上部へ戻る