相続の場合の売主確認法

登記簿上の所有者が既に死亡していて、 実際の売主と異なる場合における売主の確認方法はどうするのでしょう?

登記簿上の所有者の相続人かどうか?

登記簿上の所有者が既に死亡している不動産を購入する場合は、その相続人が売主となりますので、売主が本当に相続人かどうかの確認が必要です。さらに、相続人として、その不動産を取得したのか、する予定なのかの確認も必要です。

 

相続人であることの確認

売主が登記簿上の所有者の相続人で、その不動産を相続取得した、または、する予定の場合はその証明として「遺産分割協議書」を確認する必要があります。「遺産分割協議書」とは亡くなった人の遺産を相続人間で話し合い、 誰がどの財産を取得するかを話し合って、その協議の結果を証明するための書類です。

遺産分割協議書がない場合

遺産分割協議書がない場合は、その不動産の売主が所有者であるということを確認できないので注意が必要です。 仮に相続人の代表者と称するものが「私が相続することになってますから!」といって契約すると、後日別の相続人が現れて「そんなことは聞いていない、承諾していない」 ということで結栗的に購入できない場合もありますので注意が必要です。 まだ遺産分割協議が重っていない、遺産分割協議書がない場合で、どうしても売買契約をする場合は、念のため相続人全員の名前で売買契約をし、その後、遺産分割協議をしていただくのが望ましいでしょう。

 

引渡しの日までに売主(相続人)名義に

どの場合でも、登記簿上の所有者が既に亡くなっていて、 相続人と売買契約をする場合は、引渡しの日までに売主である相続人の名前に登記名義を変更してもらわなければ、 買主の名義に変更できないので、確実に名義変更していただく必要があります。

イエステーションの関連サイト

ページ上部へ戻る