「重要事項説明書」って?

住まいを買った後に「気に入らない・・・」「欠陥が・・・」などのトラブルを未然に防ぐためにも知っておいた方がいいことがあります。 「重要事項説明書」の説明をしっかり聞いて物件のことを理解しておきましょう。

「重要事項脱明書」の脱明とは不動産の売買契約や賃貸借契釣の時に、不動産会社が取引相手や当時者に対して契約に関する重要な事柄を説明することです。不動産の取引についての専門知識がない一般消費者でも内容を十分に理解したうえで契約できるようにし、のちのちのトラブルを未然に防ぐために宅建建物取引業法で義務づけられた制度です。宅建主任者が主任者証を提示したうえで、「重要事項説明書」 を交付して説明することが法律で義務付けられています。説明を受けたのち、購入者はこれに署名捺印することになっています。

 

重要事項説明書の説明は、 なるべく早めに受けましょう

契約締結と同時に重要事項の説明を受けると、内容をよく把握していないのにサインをすることになりがちです。なるべく契約解結時を避け事前に聞いておくといいでしょう。

 

わからない専門用語や内容はどんどん聞きましょう

わからない言葉や不明な内容は、説明を受けた時やその後にでもしっかり聞いておきましょう。宅地建物取引業者は、 豊富な知識と経験を有した専門家です。後悔しない不動産取引をするためにいろいろ聞いて基礎知識を身につけておくといいでしょう。

 

内容をよく理解して納得してからサインをしましょう

重要事項の説明を聞いて納得がいかない、不安がある場合は契約を諦めるのもやむを得ません。重要事項の説明を聞いた結果、契約を諦めたとしても責任追及されません。物件をよく把握してから署名捺印しましよう。

イエステーションの関連サイト

ページ上部へ戻る