道路と不動産の関係

「道路」は不動産に大きな影響を与えます。 「道路」によって不動産の価値が変わります。 さて道路と不動産の関係ってどんなでしょうか?

 

道路と土地の関係

建築基準法では「建築物の敷地は幅4m以上の道路に2 m以上接していないればならない」とされていて、この要件を充たしていない土地には建物は建てられません。

 

要件を満たしていない場合

道路と敷地の要件を充たしていない場合はどうなるのでしょうか? 道路に接している幅が2m以上ない場合には、隣の人の土地を買ったり、借りたりして、道路と接している部分(間口)が2m以上になるようにしなければ建物を建てることができません。 前面の道路が4m未満の場合は、敷地の一部などを道路として提供し、道路の幅が4m確保できれば、建築が可能な場合もあります。「セッ卜バック」と言われるものです。

建物を建てる場合に一度に4mの帽が確保できなくても、 道路の中心から2mのところまでの敷地を道路として提供することにより、建物を建築することが可能になります。

 

道路の要件を満たしている場合

道路と敷地の要件を充たしていても「道路の状況」によって建物が建てられない場合があります。建物を建てるために接していなければならない「道路」は建築基準法により、定義されています。建てる人の主観や見た目で「道路に接しているから大丈夫だろうう」という判断はできません。 また「道路ではないような?」と見た目で判断しても建築基準法による「道路」という扱いになっている場合もあり ます。 建築基準法による道路かどうかは、市町区村役場でなければ確認する必要があります。

イエステーションの関連サイト

ページ上部へ戻る