道路の種類について

道路によって不動産の資産価値が変わります。 その道路は建築基準法により定義された 「道路」であるかどうかが重要なこととなります。 どのようなものがあるのでしょうか?

 

建築基準法で定義する道路とは

道路に接している土地でなければ建物は建築できません。 「道路」の認識はさまざまで、「舗装しているのが道路」と言う人もいれば、「人が通ることが出来れば道路」と言う人もいます。 このような認識のずれが生じないように、建築基準法では道路の定義を大きく3つ、細かくは5つ定めています。

道路の種類

1:公道(または公道になる予定の道路)
建築基準法で定義する道路の種類の中で、とても一般的なもので「公道」と呼ばれるものがあります。 公道とは都道府県や市区町村など公の機構が所有、管理している道路で「道路法上の道路」と呼ばれます。 国道、県道、市道、町道などがこれに該当します。 土地が公道に2m以上接していれば、建物が建てられます。 ただし公道であっても高速道路などの自動車専用道路は含まれません。
2:古くからある道路
建築基準法が施行される前(昭和25年11月23日)から建物が建ち並んでいた道路は公道、私道を間わず建築基準法で定義する道路となっています。
3:行政から指定を受けた私道
個人(法人)が持っている土地を道路の形状に整備し、 行政から指定(許可や認可のようなもの)を受けた道路は建築基準法で定義する道路となります。 これを位置指定道路といいます。指定を受けるためには一定の条件があり、行政が定めた仕様で道路を整備しなければいけません。

 

道路の見分け方

土地に接している道路が、建築基準法で定議している道路なのかどうかは、市区町村の役場で確認しましょう。 また、現地を見て、同じ道路に面した他の土地に比較的新しい建物が建っているかどうかで、建築基準法で定義された道路かどうかを想定することもできます。 同じ道路に面して比較的新しい建物が建っているということは、道路に接しているという要件を充たしているという前提で、行政が建築の許可を与えたと推測することができるからです。

イエステーションの関連サイト

ページ上部へ戻る