私道と不動産

私道と不動産について。 同じ建築基準法の道路でも「私道」の場合は注意しなければなりません。 注意点はどんなことでしょう?

私道とは

国、県、市区町村などの公の機関(公道という)以外の個人・法人などが所有している道路のことです。 公の機関が持っている「道路」は「みんなの道路」ですが、 私道は「他人の土地」なので、さまざまな制約があります。

【私道に面している土地が受ける制約とは】

第三者が私道を保有している場合
私道は「他人の土地」なので、何か手を加える場合は、私道所有者の許可が必要となります。 たとえば、私道に入っている水道管から敷地に水道を引く場合などの、道路を掘る必要がある場合、道路は他人の土地なので、道路所有者の許可や承諾を得る必要があります。
すぐに承諾をくれる地主であれば問題はないのですが、 承諾をする、しないは原則、地主の判断なので万が一、承諾をくれない地主であったり、承諾するから「はんこ代」や 「承諾料」などといって請求するといった場合もあるそうです。
複数で私道を所有している場合
複数で私道を所有している場合もあります。多くは私道に面した土地の所有者が私道を共有しています。道路が何人かの私有地にまたがっている場合、道路を掘削する場合は、私道所有者全員の承諾が必要となっているので、関係者が増えると、手間も増えます。一人でも承諾をくれない人がいたら大変です。

 

私道に面した土地を購入するには

私道に面している不動産を購入する場合は、事前に、私道所有者から「道路を掘る場合は無償で承諾しますよ」 という承諾書をもらっておくのが望ましいでしょう。

イエステーションの関連サイト

ページ上部へ戻る