物件に掘り出し物ってあるの?

たまにチラシなどで、「掘り出し物件」と大々的に広告されているものがありますが、基本的には「不動産には掘り出し物件はありません」。市場の流通価格よりもものすごく安い物件には、それなりにマイナスの理由があります。それよりも「良い物件を適正価格で購入」することが大切なのです。そこで、今回は良い 物件を適正価格で購入する方法をお伝えいたします。

 

良い物件を見つける方法

人それぞれニーズが違うので、良い物件も人によって違います。
  • そのために、良い物件を見つける最大の近道は、「今回購入することで、かなえタイ」ことを、しっかりと把握すること。
  • 全ての希望をかなえると予算オーバーになるので、かなえタイことに、優先順位を決める。

 

適正価格で購入する方法

人それぞれニーズが違うので、良い物件も人によって違います。
  • 近隣の取引事例・取引情報を基に、予算で購入できる物件をあらあじめ把握しておく。

立地・築年数・広さ

かなえタイことに優先順位をつけるということは、「どこに予算をかけるか」ということになります。
そこで、このような図に立地・築年数・広さについてポイントを割り振ると、予算の分配方法が見えてきます。

「良い物件を適正価格で購入」するためには、どうしても資金計画や、地域の情報を知る必要があるんだよ! 上手に営業マンを活用しようね!!

イエステーションの関連サイト

ページ上部へ戻る