現在物件情報を増量しております。

お手数ではございますが物件の登録が完了する間、物件検索に関しまして下記サイトをご覧いただきますよう宜しくお願い致します。

見事な逸品揃い 郡山で県南工芸美術展


福島県南工芸美術会(蜷川泰心会長、会員11人)の県南工芸美術展・第40回記念展は11日、郡山市の駅前ビッグアイで開幕した。16日まで。
40年の節目となる記念展には、郡山、須賀川市、平田村在住の会員11人の作品89点が出展されている。
芯木に顔料の胡粉(ごふん)を固めて製作した清楚な日本人形や日本刺繍、染織り、革工芸品、漆芸品、陶芸品、それに2年ほどかけて刺し子した「こぎん刺し」などの逸品が展示され、愛好家らの目を楽しませている。
こぎん刺しは、青森県津軽に伝わる野良着の刺し子技法のひとつ。北方に住むアイヌの人々が寒さなどをしのぐため、そうした技法の晴れ着や野良着を着用していたという。
今展示会では、県総合美術展の招待作家2人、受賞者2人、入選者2人の作品も出展。
また、蜷川会長の作は竹色をベースにした陶芸品「木洩れ日」の大・小2点など合わせて10数点が出品されている。

同展は午前10時から午後5時まで。最終日は午前10時から午後4時まで。入場無料。
県南工芸美術会では現在、会員を募っている。
詳しくは事務局(郡山市片平町新蟻塚93-6、大越美智さん、電話024-952-3164)へ。
【写真左上は陶芸品「木洩れ日・大」と作者の蜷川会長、右上は漆芸品、左下は津軽に伝わるさしこ技法のひとつ「こぎん刺し」、右下は革工芸品のスタンド】
 

イエステーションの関連サイト

ページ上部へ戻る