「買取」のメリット、デメリットは?

「買取」のメリット、デメリットは?

ご所有の不動産を急いで現金化したいという方には、私たち不動産会社が買い取るという方法があります。

ただし、売主様にとってはメリットやデメリットもありますので、そのうちのいくつかをご紹介します。

ご自身の売却理由を考慮しながら不動産会社に「買取」を依頼するのか、「仲介」で依頼するのかご検討ください。

売主様にとってのメリット

1.すぐに現金化できる

 売主様と不動産会社との間で買取価格が折り合えば、不動産会社は社内稟議などの手続きを経て、購入します。よって売主様には仲介で依頼するよりも早く手元に現金が入ります。仲介の場合は、販売期間に3ヶ月から6ヶ月、一般的に買主様は住宅ローンを利用するので、その手続きに1~2ヶ月、そうなると売主様のお手元に現金が入るのが、売りに出してから早くても4ヶ月後、市場価格よりも高く売り出した場合は1年以上かかることもあります。離婚や買い替えなどで、早めに現金が必要で、「価格」より「スピード」が優先ということであれば、買取りを依頼してもいいでしょう。  

2.仲介手数料不要

 不動産会社が買い取りますので、仲介で依頼する際に必要となる「仲介手数料」は不要です。

3.面倒が少ない

 仲介で依頼すれば、購入希望者が物件を見に来ますので、ご自宅を住みながら売却するような場合は、週末を中心にその対応が必要となります。内覧の前に掃除をする、不要なものを片付けるなどの手間がかかります。買取りであれば、その手間がなくなりますので、これも売主様のメリットと言えるでしょう。却の理由によっては、ご近所に知られたくないという売主様もおられます。そのよう

な場合は買取を検討することもいいでしょう。仲介での売却を依頼すれば、不動産会社は買主様を探すためにインターネットサイトに広告を掲載したり、買主様をご案内したりしますので、ご近所に知られてしまう可能性があります。売却の理由によっては、ご近所に知られたくないという売主様もおられます。そのような場合は買取を検討することもいいでしょう。仲介での売却を依頼すれば、不動産会社は買主様を探すためにインターネットサイトに広告を掲載したり、買主様をご案内したりしますので、ご近所に知られてしまう可能性があります。

4.近所に知られずに売却できる

 売却の理由によっては、ご近所に知られたくないという売主様もおられます。そのような場合は買取を検討することもいいでしょう。仲介での売却を依頼すれば、不動産会社は買主様を探すためにインターネットサイトに広告を掲載したり、買主様をご案内したりしますので、ご近所に知られてしまう可能性があります。

売主様にとってのデメリット

1.買取価格

 今回の不動産売却が「価格重視」であれば、不動産会社に仲介を依頼して売却したほうがいいでしょう。不動産会社は商品として買取りますので、市場価格で購入するとビジネスにはなりません。また、購入した物件がいつ売れるか分からないというリスクを負うことにもなります。所有している間の固定資産税等や買取る際、また販売する際の諸費用も考慮するので、売主様から買い取る価格は市場価格より安くなるのが一般的です

2.買取出来ない場合もある

 不動産会社は商品として仕入れますので、再販が見込めない不動産(再建築が出来ないエリア等)は買取が出来ない場合もあります。

 上記のように買取には、それぞれメリットとデメリットがございます。また、そのメリットとデメリットもお客様の「売却理由」「売却目的」により変化致します。買取を検討する場合は、まずはその会社が「買取」できる会社か否か(買取自体を行っていない不動産会社もあります)、買取できる場合は「いくらで買い取ってもらえるのか」をご確認ください。「仲介」と「買取」の価格を比較検討したい!という場合は、両方出してもらうことをおすすめします。いずれにせよ、お客様の売却目的をよく考えて、「仲介」と「買取」どちらがより良いのかを親身に相談に乗ってくれる不動産会社、営業担当を選ぶことがポイントです。

イエステーションの関連サイト

ページ上部へ戻る