売ってから買う?買ってから売る?

今住んでいるご自宅を売却する。となった場合、当然発生する課題は「次の住まいをどうするのか?」ですね。一番悩むのが売りと買いのタイミング。ここでは事例を交えながら見ていきたいと思います。

売却先行の場合

メリット①資金計画が立てやすい
メリット②物件探しのスケジュールが立てやすい
ご自宅の売却価格を売買契約締結で確定させてから、新居の売買契約をすることになるので資金計画が立てやすい点がメリットです。またご自宅の売出し中に物件探しをすることもできます。
デメリット①新居が決まっていなくても退去しなくてはならない
デメリット②限られた期間で新居を探さないといけない
ご自宅を退去しなければならない日が売買契約で確定してしまっているので、明け渡しをしないといけなくなります。場合によっては仮住まいのためのアパートやマンションを探さないといけなくなります。
『売却先行』は現在空家やリフォーム済、新築物件をご購入予定の方にオススメです。ご自宅のお引渡しと新居へのお引越しをスムーズに行うことができるためです。逆に、お引渡日が決まったら、急がなくてはならないため、買い換え理由に「特別な理由」がある方にはオススメできません。

購入先行の場合

メリット①希望通りの新居をゆっくり探すことができる
メリット②新居が決まっているため、仮住まいの必要がない
今のご自宅を明け渡す期日が決まっていないため新居探しは余裕をもっておこなうことができます。またアパートなどの仮住まいを心配する必要はありません。
デメリット①新居の資金計画ができない可能性
デメリット②相場より安価になってしまうことも・・・
売却を前提の住換えの場合、ご自宅が売れないと新居にあてる資金のめどが立ちません。また「早く売れないと!」という思いから相場より安く売却することになる可能性もあります。
『購入先行』は新居の購入資金に余裕がある方にオススメです。しかし、今のご自宅の買主様が見つかるまで二重ローンになってしまうので、ローンを二重に支払いたくないという方にはオススメできません。

いかがでしたでしょうか?
買換をされる場合は、ご売却とご購入のタイミングが重要になります。それぞれのお引渡しの時期、売買代金のお受け取り時期、お支払いの時期をうまく一致させることが理想ではありますが、なかなか難しいもの事実。お客様お一人お一人によって状況は違ってくると思います。それぞれにメリット・デメリットがございますので、ぜひ地域スタッフとご相談の上、お決めいただければと思います。

イエステーションいわきの関連サイト

年別アーカイブ

ページ上部へ戻る