いわき市で失敗しない土地探し5つの心得その2~建ぺい率と容積率を理解しよう!~

アドレスの関根です。

今回は、いわき市で失敗しない土地探し5つの心得その2、「建ぺい率と容積率」についてご説明します。

売土地の情報をチラシやインターネットで閲覧すると色々な専門用語が出てくるかと思います。今回はその中でも代表的な建ぺい率と容積率についてご説明いたします。

建ぺい率とは土地面積に対しての建築物が建てられる面積の割合を示します。建ぺい率はいわき市であればどこでも同じ・・・というわけではなく、そこが主に商業用地として想定されている地区であるのか住宅地であるのかによって異なってきます。例えばいわき駅前であれば建物同士がくっつきそうな間隔で建っておりますが、中央台や泉ヶ丘といった住宅地になるとお庭や駐車場があって隣のお家との間隔がゆったりしていると思います。これは商業用地であれば建ぺい率は80%と高くなっていることが一般的で、住宅用地であればおおむね60%と規定されていることが多いためです。(地区ごとに異なりますのでご注意ください。)

また容積率とは土地面積に対しての建物の延床面積(建物の各階の床面積を合計した数値)の割合を示します。2階建て以上の建物を建てる場合には非常に大切な数値です。これもいわき駅前であれば高い建物を建てることができる根拠になっています。逆に住宅地を想定している地区では容積率が低くなり、高い建物の建築は制限されることになります。
お客様とお話をさせていただく中でご要望が多いものに「土地はやっぱり80坪は欲しいかな」というお声がございます。土地を80坪とし、建ぺい率を60%、容積率を80%といたしますと、一階部分が48坪、二階も合わせると計算上64坪のお家を建築することが可能になります。

いわき市において一般的に家族4人がお住まいになるお家ですと一階二階あわせて30坪から35坪くらいが標準的かと思います。(都心になると別ですが・・・)2階建て35坪のお家であれば土地は44坪あればまかなうことができます。そう考えた場合余分な面積にもお金を支払ってしまうことになってしまうことも考えられます。(広いいわき市全体を一括りにはできませんのでご了承ください。)

大切なお金を有効に活用するためにもぜひ不動産用語を知っていただければと思います。

イエステーションいわきの関連サイト

ページ上部へ戻る