老後に年金破産!?年金世代が見る不動産活用法

こんにちは!いわきの不動産の事ならおまかせの、
イエステーションいわきです。

みなさんは不動産をどのように活用していらっしゃいますか。
土地を駐車場にしている、ご家族の新築建設などで土地を譲った、貸家にされている、最近流行の太陽光発電用地への貸し出し…などなど。いろいろな不動産の活用方法があります。
そして、不動産活用を検討の理由には、「老齢基礎年金だけでは不安だ」「老後の蓄えが十分でなく、子どもに負担もかけたくない…」など、老後の生活保障としての不動産活用をお考えの方が増えている様です。

実際に、「年金が2倍になる様な方法」があるとしたら、みなさんお知りになりたいところだと思います。さらに、不動産活用のなかでも情報の多い「土地の活用」についてではなく、情報の少ない「家屋を活用する方法」をお伝えしたいと思います。
題して、今回は「老後の生活保障に!家屋不動産の活用法について」。ご参考にしていただきたいと思います。

今回のご紹介する方法は「老後の資金不安の悩み」をスッと解消してくれる、最近の低額年金について見直されてきた方法なのですが、その名も「リバースモーゲージ制度」と言います。社会福祉協議会では「不動産担保型生活資金」とも言われています。この制度は今住んでいる自宅に住みながら、老後の生活資金として金融機関などからその居住家屋の売却代金にあたる金額相当額を上限として借入していく仕組みのことです。

一括での受け取りから、或いは金額を毎月或いは毎年、定額の自分の年金として受け取れるようになります。ただし、借入していく金額は年々積みあがっていき、同時に福利での利息も増えていきます。借入期間終了後に現金で返済か、通常は居住家屋の売却によってその借入額の精算を契約に基づいて行われます。その為、自宅の売却を将来の約束事として今の生活原資を確保することができるのです。

この制度においては、制度利用の契約として抵当・担保融資契約を金融機関など結びます。そして契約後に融資実行される金額は、事業資金以外には何にでも使ってよい自由度が高い資金となります。

一般的に不動産担保融資であれば借入総額の返済が現金でできない際は、その対象となっている不動産を担保として競売にかけ返済に充当するようになります。その為競売から落札、売却に至った際にその不動産の所有権は失いますので、以降売却された家屋へは住むことができなくなってしまいます。

これを事前に先付の抵当・担保融資契約として、契約期間の中で契約者が住みながら売却する分の内の売却代金を家屋所有者が受け取れるのが「リバースモーゲージ制度(不動産担保型生活資金)」という制度なのです。

また、この制度の補完できない点としては、返済時に担保物件の売却価格が借入融資残高を下回ることや、この物件自体の評価価値が社会経済的要因によって価格下落することがあります。そこに先ほどからお話ししているローン契約期間を超えて、長生きされた長寿の契約者は契約期間終了後の返済不足分を後に負担しなければなりません。

しかし、今回ご紹介した「リバースモーゲージ制度(不動産担保型生活資金)」で身寄りがない年金世帯の方に対して、居住家屋の事前売却予約を基にした年金によって、老後の生活保障の側面を担うことができる点は何よりの安心としての大きなメリットとなります。

現在のところリバースモーゲージの活用は土地の価格が高い首都圏が中心となっています。今後制度の整備や金融機関の協力を得ることができるようになれば、いわきでも資金調達方法のひとつとして認識されるようになるかもしれませんね。

イエステーションいわきの関連サイト

ページ上部へ戻る