「不動産売買の違約金ってどういうときに発生するの?相場は?」

こんにちは!いわきの不動産の事ならおまかせの、

イエステーションいわきです。

今回からは不動産売買をやめたいときは?シリーズとして売却を都合でやめたいときのお話です。売却のお話を進めていたときに、事情が変わって売却をせずにすみ続けることになったときや、もっとよい条件で買い取る買い主が現れたときに、今の売却を止めたいとしましょう。そこで契約解除などに伴う違約金のお話がでてきます。

違約金は損害賠償の予定の意味があり、民法や宅建業法、消費者契約法に関連規定があります。そのため、違約金は契約を実現することが困難となった際に契約履行の破棄をする際に相手方に支払う慰謝の金額ともいえます。

発生理由としては、不動産屋さんに仲介(媒介契約)をお願いして短期間に解除する際、契約内での解除期間を超えて契約解除をする際、契約内容に誠実に対応しない場合などについて違約金が発生します。つまりは、取引を誠実に開始している中での一方的な都合で解除する際に発生するものです。

その違約金の相場として気になるところですが、それぞれの解除理由について個々の規定はありますが、一般的には売買(売却)金額の10%と言われています。取引にあたっての実費費用がそのくらいかかるわけなので、取引に当たってはお互い誠実に取引を行いましょうと言う訳ですね。

「いわきの不動産の事ならおまかせ!のイエステーションいわき」では売却などの際にご不安な点などのご相談に親切丁寧をモットーに承っております。専任の担当者が納得できるように丁寧にご対応をさせていただいております。是非、お電話やご来店などお気軽にご相談ください。スタッフ一同、心よりお待ちしております。

イエステーションいわきの関連サイト

ページ上部へ戻る