トラブル別の対応方法とは?

こんにちは!いわきの不動産の事ならおまかせの、

イエステーションいわきです。

前回に続いてそのトラブルに対しての対応方法を見ていきましょう。

各項目に対しての対応方法を解説してみますね。

 

1.土地の所有権が実は自分になかったとき

 対策としては不動産屋さんと登記の専門家の司法書士と連携して解決していきましょ

 う。意外と専門家が介在すると解決が簡単にできたりもします。

 

2.土地の境界線がはっきりしていないとき

 土地のどの部分なのか、それとも全部なのか。そもそも土地の境界はどうなっている

 のか。この点は不動産屋さんと土地境界の専門家の土地家屋調査士と連携して解決し

 ていきましょう。

 

3.土地売却後の確認も重要です。

 売却価格、契約日、契約者名、手付金、契約物件の住所、住宅ローン審査完了日、

 取引完了日、物件引渡日、登記状況などについては契約時に不動産屋さんとその宅地

 建物取引士のかたの重要事項説明をしっかりと行い、売り主と買い主双方に対して安

 心安全な取引を目指しましょう。

 

4.契約条件変更も勝手に決めては問題になります。

 買い手が引渡日を早くして欲しいなどの条件変更に対しても不動産屋さんとともに対

 応していくことが大切です。自己判断で進めないようにしましょう。

 

5.契約を任せきりにしない。

 仲介手数料にかかわりますが、この問題は本当に多いですね。特に契約をせかしてく

 る不動産屋さんや高圧的な対応、高い金額を提示してくる対応など安心できないと思

 ったときはその不動産屋さんとは契約しないようにしましょう。また、解約手付金の

 放棄による解除をしたにもかかわらずに、違約金の請求をされることなどは支払う必

 要がない場合があります。その場合は法律の専門家の弁護士を依頼するほうがよいで

 しょう。ただ肝になるのはやはり信頼できる不動産屋さんとなります。

 

 

6.違約金の支払い拒否

 売買契約が買主による一方的な契約破棄・破談となってしまった際には担当に不動産

 屋さんや法律専門家の弁護士や司法書士と連携して対応していくほうが良いです。

 決して自分だけで対応する必要はありません。不動産取引のパートナーと共に円満解

 決を図れるように対応しましょう。

 

7.意外な請求も発生します。

 不動産屋さんから告知書を求められると思います。契約時に宅地建物取引士による重

 要事項説明があり、その際に買い主に対して告知をしてもらいましょう。しっかりと

 契約物件に対する告知が行われていれば、その後のトラブルになるケースは少なくな

 ります。いかに契約時だけではなく、契約後のトラブルを減らせるかが安心した取引

 の大切なところです。

 

 参考になりましたでしょうか。不動産に係る法律も多いですが、かかわる職種職業も多

いです。不動産屋さんをキーパーソンにしながら、専門家の知恵を借りながら対応する

ことで多くのトラブルは未然に防げます。その中心は不動産取引の専門家の不動産屋さ

んには間違いありません。その信頼ある不動産屋さんは売り主の目で見て選ぶ必要があ

ります。

 

 

 私たちイエステーションいわきでは、お客様の大切な不動産の売却や不動産活用についてご希望やご不安へのサポートを迅速丁寧にさせていただいております。専任の担当者がしっかりとご説明や不明な点など丁寧に承ります。是非、お電話やご来店などお気軽にご相談ください。スタッフ一同、心よりお待ちしております。

イエステーションいわきの関連サイト

ページ上部へ戻る