これだけは押さえておきたい!トラブルを避けるためのポイントとは?

こんにちは!いわきの不動産の事ならおまかせの、

イエステーションいわきです。

土地売却のトラブル編も今回で最終話となりますが、いかがだったでしょうか?

なんだか契約も難しいけどその前後のトラブルは避けたいですよね!ということで、最後にポイントをマトメてみましょう。

 

 

  • ①不動産売却ができるのは所有者本人

 前回でもお話をしましたが、意外に所有者と契約交渉者が違っている場合が少なくありません。特に相続登記をしていなかったりすると、遺産分割協議などが必要になってくるなど、契約するにも進みません。売却するにしても所有者と商談者が違ってくることもあります。しっかりとその不動産所有者は誰なのかを確認してからの交渉としましょう。

 

  • ②土地の境界ははっきりさせておきましょう

 土地の境界は年月が経つと意外にもあやふやになってしまうもの。法務局に登記されている地積図、土地境界との現況のずれもあり得ます。不動産屋さんや土地家屋調査士の方と確認して土地の境界を確定させましょう。売買の際の土地に関しては現況と地積図との相違をどう精算するかも考えておきましょう。

 

  • ③不利な事でもしっかりと伝えましょう

 都合の悪い事でも隠さずに開示しましょう。例えば、以前の土地の使用状況や建物の雨漏りなど、問題になりそうなことは素直にお話しして後々の問題にならないようにしましょう。意外にも物件のことだけではなく、周囲の環境や人間関係も隠さずに開示しましょう。

 

  • ④売却後は引渡し日を守る

 契約後はその契約条件をしっかりと守るようにしましょう。特に売り主としては瑕疵担保責任について責任が問われることがありますので、瑕疵担保責任免除特約を入れるなどの確認をしましょう。

 

 

  • ⑤契約書にはしっかりと目を通す。

 契約書は必ず目を通して内容を把握しましょう。契約条件の漏れや内容に疑義があった際はすみやかに不動産屋さんを含めて買い主と共に協議をしましょう。

 

  • ⑥なんといっても最後は頼れる不動産屋さん!

 最後に何といっても!信頼できる不動産屋さんを見つけることが最も大切な事なのはないでしょうか。豊富な実績をもっているか。売買の際にしっかりとよく話を聞いてくれるかどうか。高圧的な態度などはとらないかなど、信頼できると確りと思える不動産売買の担当者さんを選ぶことが大切です。

 

 不動産屋さんに始まり、不動産屋さんに終わる。ですね。

 

 私たちイエステーションいわきでは、お客様の大切な不動産の売却や不動産活用についてご希望やご不安へのサポートを迅速丁寧にさせていただいております。専任の担当者がしっかりとご説明や不明な点など丁寧に承ります。是非、お電話やご来店などお気軽にご相談ください。スタッフ一同、心よりお待ちしております。

 

イエステーションいわきの関連サイト

ページ上部へ戻る