いわき一望のマリンタワー 市内でもっとも高い建造物

小名浜港を見下ろす三崎公園の一角に立つ、市内でもっとも高い建造物のいわきマリンタワー(高さ59・99メートル)はいわき一円を俯瞰できる展望塔として人気だ。

透き通った青い海や、タコやイルカなどをかたどった植栽など、日常とは違った景色が眼下に広がる。

 

市政施行20周年、都市公園法30周年を記念し、1986年8月1日にオープンした。

「海と空と緑の会話」をコンセプトに、より多くの観光客を呼ぶ目玉施設として83年に着工。

いわき市を代表する観光施設として親しまれている。

 

市民の憩いの場として知られる、総面積70万平方メートルある三崎公園の海抜46メートルの台地に立つ。

園内には野外音楽堂やピクニックガーデン、海に突き出た潮見台、わんぱく広場などがあり、
春は桜の花見、夏は花火大会でにぎわい、雪が降った日には即席のスキー場として楽しむ人もいる。

 

青と白のタワーは鉄骨鉄筋コンクリート造り。

360度の大パノラマを楽しめる屋上や、双眼鏡で街並みを見渡せる展望室がある。

分速90メートルで15人乗りのエレベーターのほか、1階からスカイデッキまで通じる376段のらせん階段がある。

 

壁にパネルを展示した「海の勉強室」でマイワシやカツオ、マグロなどの魚や、漁法・港などについて学べる。

途中、ベンチが備え付けられており、窓の外に広がる景色を眺めながら休憩できる。

タワーを題材にした写真コンテストの作品を飾ったコーナーや、いわき市の土産物をそろえた店もある。

 

入場料金は一般320円、中高大生220円、小学生160円。
20人以上の団体割引がある。

営業時間は9時から17時(入場は16時半まで)。
休業日は毎月第3火曜日と1月1日。

住所はいわき市小名浜下神白大作111。
電話は0246(54)5707。

 

DSC12  DSC13 DSC11

イエステーションいわきの関連サイト

ページ上部へ戻る