不動産売却査定の必要書類ってなにがある?

こんにちは!郡山の不動産の事ならおまかせの、
イエステーション郡山です。
 
 前回は書類の取得方法で確認してみましたがいかがだったでしょうか。
今回はよくある査定としての簡易査定の際に必要な書類としてどんなものがあるか、査定に必要な書類として整理してみましょう。
 
 簡易査定に必要な書類は次の通りです!
 
 ≪それぞれに共通する書類≫
 ・本人確認書類
  ※身分証明書(運転免許証など)
  ※実印(市町村役場登録印)/印鑑証明書(3か月以内のもの)
  ※住民票(3か月以内のもの)                    
 ・登記済証・登記識別情報                        
 ・土地測量図・境界確認書                        
 ・固定資産税通知書・固定資産税評価証明書(最新のもの)
 
 ≪一戸建ての査定に必要な書類≫
 ・建築確認済証・検査済証                        
 ・建築設計図書                           
 ・工事記録書など                        
 
 ≪分譲マンションの査定に必要な書類≫
 ・マンション管理規約
 ・マンション使用細則                   
 ・マンション維持管理費明細                      
 ・耐震診断報告書                        
 ・アスベスト使用調査報告書                      
 
 ≪その他あるとよい書類≫
 ・購入時の契約書
 ・重要事項説明書
 ・購入時の説明資料(パンフレットや折り込み広告など)
 ・借入残高証明書
 ・地盤調査報告書
 ・住宅性能評価書
 ・既存住宅性能評価書
 
 意外と売却に必要な書類よりは少なそうですね。でも具体的に売却予定額を見積もりする際はなるべく多くの分析資料があると査定上は精度の高い金額が出せます。
実際に売却することになった際も大きく変わることもなくなるようです。
 
 私たちイエステーション郡山富田では、お客様の大切な不動産の売却や不動産活用についてご希望やご不安へのサポートを迅速丁寧にさせていただいております。
査定についても気軽にお問い合わせください。必要により詳しいご説明も致します。またご不明な点なども丁寧に承ります。
是非、お電話やご来店などお気軽にご相談ください。スタッフ一同、心よりお待ちしております。

イエステーションの関連サイト

ページ上部へ戻る