市街地の農地を有効活用

耕作する後継者がいない農地をオシャレな商業施設に

Before

After

今回の事例は福島県いわき市。

所有者共通の悩みは、

①年齢を重ね、自身での今後の耕作に不安を感じていること

②農地の耕作を引き継いてくれる後継者がいないこと。

であった。
ただ先祖伝来の土地を自分の代で売ってしまうということはしたくはない。

イエステーションが一軒一軒の農地所有者さんを訪問し、膝を突きつけて話をし、すべて借りることで合意

この農地は旧国道に面し、国道バイパスからのアクセスもよかったので商業用施設の建設を決定。

普通の建物を建てるのではなく都心部やリゾート地で人気の海上用コンテナを転用した店舗を創造。

県内初のコンテナ複合テナントエリア「泉テラス」をオープン。

泉テラスには美容室やストレッチジム、トレーニングジム、エステサロン、セレクトショップ、アパマンショップが軒を連ねる。また余裕をもって確保をした駐車場を利用してのバザーも行われ地域の方々の交流の場ともなっている。

 

イエステーションいわきの関連サイト

ページ上部へ戻る